見出し画像

中国版同人誌発売会「ALFA秋祭同人展」に行ってきました

12月1日(土)に深圳大学のキャンパス内で同人誌発売会が開催されると聞き、どんなコンテンツが中国の若者に受けているのか知りたくて覗いてきました。正式名称を「ALFA秋祭同人展」といって、深圳大学が認めるサークルが毎年開催しているイベントだそうです。

まず、びっくりしたのがメインステージでのパフォーマンスがほとんど日本のアニメソングだったこと。日本のアニメの主題歌は中国のカラオケで大人気とのことでした。また、ほとんどのブースでこちらが日本人とわかると「こんにちは」「ありがとうございます」など日本語で話しかけられました。

コスプレをして来場する女性が多かったのも意外でした。多く見られたのが「ロリータ」ファッション。中国の女性にも大人気で、あちこちで写真撮影を求められていました。

中国らしい漢服のコスプレも多く見られました。中国といえばいわゆるチャイナドレスをイメージすると思いますが、最近の若い女性の間では普段でも着たりするほど「漢服」が人気です。一般来場者の写真はなかなか撮影しづらく、結局写真は撮れなかったので「漢服 コスプレ」などで検索していただけると写真が出てくると思います。

もう1つ多かったのが日本のJK風。こちらは街中でも見かけることがあるので、コスプレというより「日本風のファッション」と認識されているようです。

思った以上に日本のコンテンツが中国の若者に人気があり、ちょっと嬉しくなりました。中国の若者と仲良くなるきっかけになるかもしれませんので、ぜひアニメソングを覚えてから中国にお越しください(笑)

※(2018.12.6追記)タイトル及び文章の一部に誤りがあり修正しました。ご指摘いただいたみなさん、ありがとうございました。以後は掲載内容について十分に注意したいと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

株式会社ミラ

IoTデバイス開発を手がける株式会社ミラ。中国深圳にも拠点を設け、企画から試作、量産までをトタールにサポートするサービスを提供しています。IoT関連情報だけでなく、ギークな街、深圳の旬な情報や覚えておくと便利な中国語などもお届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。