見出し画像

JENESIS 藤岡氏がWIRED Audi INNOVATION AWARD 2019を受賞しました

弊社の主力サービスとなりつつある「IoT Zero ▷ One ▷ Mass」をともに展開するジェネシスホールディングス社長の藤岡淳一氏がWIRED Audi INNOVATION AWARD 2019を受賞し、先日授賞式が行われました。

「WIRED Audi INNOVATION AWARD」は“世界を変え、「新たな未来」をもたらす革新”をコンセプトに、そのような革新をもたらす情熱、発想力、勇気、行動力を持った人材に贈られます。この度の受賞は長年中国深圳という外国に身を置き、そのサプライチェーンを活用することで日本のハードウェア製造を支え、また同時に多くのハードウェアスタートアップを支援してきたことが評価されたことによるものです。

画像1

会場となったTOLOT  SHINONOMEはINNOVATION AWARD授賞式にふさわしくアーティスティックでイノベーティブな雰囲気に満ち満ちていました。

画像2

入り口を入るとすぐ、今回の受賞者のパネルが並んでいます。アーティストや社会事業家、エンジニアにミュージシャン、アニメーターなどなど、社会に大きな影響を与えた面々が勢ぞろいしています。そんな中「Maker」として表彰されたことは「モノづくりの仲間」として私たちにとってもとても嬉しいことでした。

画像3

また、会場内では各受賞者の具体的な取り組みや活動などが紹介されていましたが、写真のようにミラが開発に関わった製品も展示されていました。

画像4

授賞式はメインステージで行われました。残念ながらトロフィー授与のシーンは撮影不可とのことでしたので、授賞式後、個別にポーズを取ってもらいました。

画像5

記事の写真はいかにもMakerでしたが、授賞式の時はビシッと。

画像6

漆黒のトロフィーもクールです。

間近で見る藤岡社長の仕事ぶりは実際に凄まじいもので、一体いつ寝ているのかと思うほど世界中を飛び回り、多くの人と会い、新しい世界をぐんぐんと切り拓いていく様は、我々から見てもイノヴェイターというに相応しいと感じずにはいられません。

これからも「IoT Zero ▷ One ▷ Mass」サービスを共に展開する藤岡氏並びにミラをどうぞよろしくお願いいたします。

●受賞の記事
深圳という「母なる大地」で闘い続ける。そのために、マイクはステージに置いてきた。

★開発依頼・ご相談は以下のフォームよりお願いします。
株式会社ミラ お問い合わせ



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
IoTデバイス開発を手がける株式会社ミラ。中国深圳にも拠点を設け、企画から試作、量産までをトタールにサポートするサービスを提供しています。IoT関連情報だけでなく、ギークな街、深圳の旬な情報や覚えておくと便利な中国語などもお届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。