見出し画像

世界グリーンデザインフォーラムに行ってきました

先週土曜日、12月15日に深圳で開催された「世界グリーンデザインフォーラム」に行ってきました。深圳で活躍する各国のスピーカーからグリーンデザインの概念や取り組み、成果などが発表されました。

デザインに関する考えや役割は社会の成熟とともに変化し、ネットによる集合知などが活用でき、工業のあり方も変化している現代は、効率的で環境に負荷をかけないデザインが求められているとのこと。そしてそれを「グリーンデザイン」と呼ぶそうです。

日本語でいうと「エコなデザイン」に近いですが、エコからイメージされる「環境に優しい」というだけではなく、効率的でより機能性を重視したデザイン思想といえそうです。

フランス、イタリア、韓国の各スピーカーから具体的な事例などが紹介され、日本人スピーカー永尾修一さんからは日中のスマホアプリ、LINEとWechatを比較しながらそれぞれのデザイン思想に関する発表がありました。

印象的だったのは韓国のスピーカー。とても中国語がうまく、中国と韓国が協業するメリットなどをとても上手に訴えられていました。運営を担当したiMakerBaseの方によれば、やはり韓国との協業がとても増えているそうです。日本も負けてはいられないと強く感じました。

ミラ深圳は深圳をうまく使うためのプラットフォームでもあると考えています。深圳のエコシステムを活用したいと考えている方はぜひご連絡ください。

★開発依頼・ご相談は以下のフォームよりお願いします。
株式会社ミラ お問い合わせ


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

株式会社ミラ

IoTデバイス開発を手がける株式会社ミラ。中国深圳にも拠点を設け、企画から試作、量産までをトタールにサポートするサービスを提供しています。IoT関連情報だけでなく、ギークな街、深圳の旬な情報や覚えておくと便利な中国語などもお届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。