見出し画像

"ugo"、NTT DOCOMO VENTURES DAY 2020に出展

「Innovate. Keep on Blending.」をテーマにNTTドコモ・ベンチャーズが開催したNTT DOCOMO VENTURES DAY 2020。最先端の技術を駆使したスタートアップが勢ぞろいする中に"ugo"も出展いたしました。

画像1

今回はAIを活用したサービスが比較的多く、展示としてはPCのみというブースが目立つ中、"ugo"は存在感たっぷりで、多くの方に興味を持って声をかけていただきました。ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。

また、展示会に出展すると「こんな風に使ってみたい」というご提案をいただくことが少なくありません。今回もいろいろなご提案をいただきましたので、引き続き街のあちこちで"ugo"が活躍することを目指して頑張ってまいります。ご期待ください。

ブースでは去年実施した警備の実証実験をご紹介するビデオを流していたことから、巡回にはあまり必要のないハンドに関して「物はつかめますか?」というご質問が多くありました。"ugo"はもともと家事もできるロボットとして開発しているので、実はとても器用だということは再度強調しておきたいと思います。(もちろん、ブースでもアピールしました!)

画像3

(物をつかんだり、エレベーターのボタンも押せる器用なハンド)

さらにイベント終盤に行われたフューチャーピッチにはCEOの松井も"ugo"を連れて登壇。思惑通り会場がどよめきました。

画像2

広い会場でスポットライトを浴びての登壇はセミナーなどで講演慣れしている松井にしてもやや緊張したようですが、十分に"ugo"の魅力をアピールできたのではと思います。

そしてピッチのトリだったことをいいことに、"ugo"をステージに残したまま退場。再び会場をどよめかしました(笑)。

今年は実際に街の中で働く"ugo"を見かける機会が増えることと思います。みなさん、もしこの顔にピンときたら、ぜひ応援してあげてください!よろしくお願いします。

★ugoの最新情報については以下をご覧ください。
・ugo https://ugo.plus/
・MiraRobotics https://mirarobotics.io/

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
IoTデバイス開発を手がける株式会社ミラ。中国深圳にも拠点を設け、企画から試作、量産までをトタールにサポートするサービスを提供しています。IoT関連情報だけでなく、ギークな街、深圳の旬な情報や覚えておくと便利な中国語などもお届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。